リドスプレーの効果はどれほど?実際に使用してみました。

リドスプレーの紹介です。

管理人も愛用している早漏に効果のある「リドスプレー(LidoSpray)」の紹介です。

男を復活させ、早漏を防止するためのアイテムです。

管理人にとって、このリドスプレーは、パートナーと良好な関係を築くためには無くてはならないものになっています。

結論から言いますと、もちろん個人差はありますが、しっかりと使えます。

管理人は、紛れもなくこのリドスプレーでパートナーを満足させることができています。

成分は、リドカインという局部麻酔薬です。

歯科で歯茎に注射する、リドカイン麻酔薬と同じ成分が使われています。

また、胃カメラなどの前に行う、のどの部分に噴射するスプレーもリドカインが使われています。

日本で購入するためには、個人輸入が主ですが、リドカインが配合された別の使用目的の「」を購入することは可能です。

しかし、用途が異なるので、ここでは参考程度に留めて下さい。

管理人は、自己責任で試してみました。

その経験は、別の項で紹介する予定です。

以下が、リドカインを配合した薬の代表です。

比較的簡単に購入できるところが、長所ではないでしょうか。

【第2類医薬品】小林製薬 フェミニーナ軟膏S 30g

キシロA軟膏 10g【第2類医薬品】

【第2類医薬品】ラナケインクリーム 80g

リドスプレーは、個人輸入代行で入手

リドスプレーの購入は、個人輸入が基本です。

個人輸入を代行してくれるのが、オオサカ堂さんです。

管理人は、いつもオオサカ堂さんの個人輸入代行を利用しています。

梱包状況の外観です。

比較的簡素な作りですね。

発送はシンガポールとなっていました。

配達は、郵便局留めで購入しました。

郵便局留めとは・・・

郵便局留めとは、一定期間郵便局に保管してくれるサービスです。

配達先が自宅では無く、近くの局留めができる郵便局に配達されることです。

こっそりと、リドスプレーを手に入れたい方は、郵便局留めが便利ですね。

郵便局での保管期間は、到着から1ヶ月です。

到着は、オオサカ堂さんからメールで届きますので、郵便局に問い合わせることはありません。

管理人の場合、シンガポールからの航空便、現地発から郵便局に着くまでちょうど1週間でした

通常、郵便局留めの受け取りには、印鑑(又はサイン)が必要と言われていますが、今回は印鑑などは、必要ありませんでした。

多分、手続きの変更だと思います。

また、受け取りには、身分を証明書するもので顔写真が付いたもの(運転免許証、マイナンバーカードなど)が必要です。

梱包状況と中身

比較的、簡素な梱包ですね。

梱包材も簡素です。

商品自体に問題はありません。

オオサカ堂で購入する個人輸入の梱包状況は、ほぼ同じような形状ですね。

結構、小ぶりのスプレーです。

使用方法について

さて、使用方法ですが、事の始まる15分くらい前にスプレーするのがベストだと思います。

スプレー圧の強さは、結構あります。

シュー、シューと勢いよく出ます。

陰茎(以下、竿と言います。)の部分に、まんべんなく噴射します。

購入された方の口コミなどを読むと、2~3プッシュ(スプレー)と言われていますが、管理人はもっとたくさんプッシュしています。

だいたい6プッシュぐらいです。

スプレー後、約5分ぐらいから麻酔効果が始まります。

スプレー後は、きれいにシャワーで洗い落とす必要があります

リドカインは、水溶性では無いと言われていますが、石けんを使わなくても水だけで洗い落とせました。

もちろん、石けんを使って洗うのが原則です。

もし、そのままの状態でパートナーお口に含むと、含んだ部位(お口)が麻痺します。

それに苦みが強いです。

管理人は、ここで一度失敗しています。

パートナーの口が麻痺し、歯医者に行ってお口全体が麻酔にかかった状態と同じになってしまいました。

それに口の中に苦みが残り、うがいを何回も繰り返すことになってしまいました。

この辺のタイミングなどは、十分気を付けて下さい。

しかし、デートなどで思いがけず、15分前にスプレーできない場合はどうすればよいか?

そのような場合は、男子用トイレ(大)に入り、スプレーします。

そこから、お部屋に入り、シャワーするという段取りですね。

時間的には、15分以上経過していると思いますが、麻酔状態は継続しているはずです。

間違っても、スプレーしたものを口にさせてはいけません。

効果の継続時間は、30分~1時間ぐらいは優にあると思います。

事の最中に、だんだんと興奮状態が高まると、興奮エネルギーが麻酔状態を押しのけ、麻痺しているけど少し感じているという奇妙な感じの状態になります。

スプレーする量ですが、最初は、「ちょっと多めかな」と思うくらい使っても良いと思います。

効かないより効いた方が、その後の使用量がわかりやすいですから。

効果の確認は、竿の皮をつまんだり、つねったりすればわかります。

麻酔の感覚としては、歯科で使われる麻酔が歯茎に効いているような感覚です。

つまんでも、つねっても、引っ張っても、こすっても、感覚が「鈍くなる」か又は「無くなる」状態になっています。

付け過ぎると感覚が麻痺し、「感覚なし」の状態ですので、行為の最中は、無感覚、無痛状態となっています。

スプレーする量の加減は、2、3回実験すれば、感覚が掴めると思います。

興奮状態の問題

問題の一つとして、興奮状態(勃起力、硬直状態)が摩擦や往復運動からは得られないので、視覚や他の部位への接触刺激により、興奮を得なければいけないということです。

極端な言い方をすれば、摩擦や往復運動で得られる刺激は、「ゼロ」と思って頂いた方が良いです。

口コミなどを見ると、途中で中折れしたとか、発射できなかったと言われるのは、この摩擦による刺激などが「無い」ために起きる問題と思って下さい。

麻痺した状態で摩擦による刺激で発射するためには、かなり腰の運動量が必要になります。

この運動量の長さについては、結構きついです。

いつまで経っても、絶頂に到達しない事が時々ありました。

この辺の調整は、自分の体調、相手の体調を見ながら慣れるしかありません。

最近、管理人はこののスプレーのおかげで、どこが自分で一番感じやすいか発見しました。

ですから、その部分を集中的に刺激します。

これを繰り返せば、確実に「イケ」ます。

継続して硬直状態をキープするためには、視覚、パートナーへの接触、刺激、言葉攻めなどが必要になります。

また、ED関連タブレット(バイアグラなど)を併用する方法も挙げられます。

ただし、この方法では、どのような副作用があるか個人差があり、未知の世界ですので、「十分」に注意を払って使用する必要があります。

リドスプレー1本で、どれぐらいの使用回数があるのでしょうか。

リドスプレー1本でどれぐらい使えるかというと、もちろん1回の使用量にもよりますが、約15~20回分はあると思います。

使用頻度にもよりますが、一年間で2~3本あれば十分ではないでしょうか。

また、1回あたり金額を計算すると、90円~120円程度になるので、高いというものではありません。

まとめです。

リドスプレーは、使用方法を守れば、早漏などにひじょうに効果的なアイテムとなります。

実際使ってみて、最初、手元に着いた時は、「ちょっと小さいなー」と思いましたが、持ち運びに便利ですし、一度に多量に使うものでもないので、これぐらいの大きさでも十分です。

自分の継続時間に自信の無い方、早漏気味の方、パートナーと長い時間を楽しみたいに方は、一度試しに使ってみるのもいいと思います。

一番安く、早く、確実に買えるのが、オオサカ堂さんの個人輸入だと思います。

オオサカ堂さんは、郵便局留めの受け取りもあるので、誰にも知られずにコッソリと受け取ることもできますから。

行為の時間に自信の無い方、もっと時間を延ばしたい方、早漏気味の方は、リドスプレーは有効ですね。

リドスプレーの兄弟スプレー

個人輸入で入手できるリドスプレーと、同等品でリーゾナブルなスプレーは、何種類かあります。

この3つの使用感については、別の項で紹介しているのでご覧下さい。

・MEGAMAXスプレー

まもなく提示します。

・VP-MAXスプレー

まもなく提示します。

・キシロカインスプレー 買ってみました!!

キシロカインスプレーの使用感はこちらをご覧下さい。

管理人は、このリドスプレーを使って本当に良かったと思っています。

今まで、パートーナーを「イカせる」ことが「皆無」だったのが、最近では余裕を持って事に望めます。

また、余裕があるので、いろいろな体位も経験することができました。

やはり、女性は「強い男」が好きです。

これは、はっきり断言できます!

「強い男になること」、これもアンチエイジング維持の一歩ではないでしょうか。

リドスプレーは、用法さえ守れば、きっちりと男になれる「秘密兵器」だと思っています。

リドスプレーで男になりましょう!

リドスプレー(LidoSpray)

>>更に詳しいリドカインの使い方はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする