40代にも急増中の前立腺がんは、トマトと大豆で予防しましょう。

前立腺がんとはどのようなものでしょうか?

前立腺はクルミほどの大きさです。

膀胱のすぐ下に、尿道を取り囲むような形で付いている男性だけの器官です。

そこから分泌される前立腺液は、精液を作るためにも必要ですが、亜鉛が多く含まれ、殺菌作用も強いです。

のどの扁桃腺は、雑菌が胃や肺に入らないようにしている原始的な免疫器官です。

同じく、前立腺は大切な宰丸を守っている」そのおかげで、男は尿道から少しくらい雑菌が入っても膀胱炎を起こすことは少ないのです。

前立腺肥大症といって、年を取ると前立腺が肥大することが多くなります。

中の尿道が圧迫されて細くなることで、オシッコに時間がかかるという症状もでます。

前立腺をクルミと考えると、内部の実(内腺)がふくらむのが前立腺肥大症です。

一方、がんは外側の皮(外腺)の部分にできます。

欧米ではとてもメジャーながんで、米国ではがんになる男性のうち、実に3人に1人が前立腺がんにかかっています。

これまでは日本には少なかったですが、最近になって急増しています。

また、かつては70代が中心で高齢者の病気でしたが、どんどん若年化が進み、 40~50代で発病する人も増えています。

現在、日本人男性がかかるがんのうち、肺がん、胃がんに続いて前立腺がんは第3位です。

前立腺がんで亡くなる人も1995年は、5369人でしたが、毎年確実に増えており、 2009年に1万人を突破しました。

2020年の患者数は、 1995年の6倍以上に増え、胃がんを抜いて第2位に上がるのは確実と見られています。

これは、 「原因は食生活の欧米化にある」と色々な方面から指摘されている。

最近の研究から、前立腺がんと乳がんは、動物性脂肪の摂取量と密接な関係があることがわかっています。

牛乳よりもトマトと大豆の摂取が重要です!

ダイエットの意識が高い日本では、摂取カロリーと穀類の摂取量が年々減っています。

その一方、脂肪の摂取量だけが増え続けています。

「特に気を付けたいのが牛乳です。

コップ一杯の牛乳には、ベーコン5枚分の脂肪が含まれています。

また、ヨーグルトやチーズなどの乳製品も同じことです。

40歳を過ぎたら低脂肪牛乳に代えるた方がベターかもしれません。

実際、国立がん研究センターによる約4万3,000人の追跡調査からも、 「乳製品の摂取が前立腺がんのリスクを上げる」ことが確認されたということです。

欧州諸国の中でも特に前立腺がんが多いのはスイス、ノルウェー、スウェーデンなどです。

これらの国々は、酪農が盛んで、乳製品をはじめ、脂肪摂取量の多い国ですね。

同じ欧州でも、ギリシャなど南欧の国は、前立腺がんが少ないです。

これは、 「オリーブオイル、魚の油(DHAやEPA)、トマト、大豆、緑茶などは、医学的に予防効果が認められている食材を摂取しているからと考えられています。

また、インド人に前立腺がんが少ないのは、カレーを食べているからだと考えられています。

カレーに入っているウコンには、クルクミンという成分が含まれていて、前立腺がんを防いでくれるからです。

このクルクミンが前立腺がんのマーカーであるPSA (前立腺特異抗原)を下げると考えられています。

食品調査で最もはっきりと結果が出たのがトマトです。

有効成分は、はっきりと特定されていませんが、リコピンなど抗酸化成分が多いからではないかと推測されています。

同じイタリアでも、トマトをよく食べる南部は前立腺がんが少ないということがわかっています。

40歳を過ぎたら、塩分無添加のトマトジュースを1日1本飲む習慣をつけると良いでしょう。

また、大豆に含まれているイソフラボンは、腸内細菌の作用で発がんを防ぐエコールに変わります。

味噌や納豆のように発酵させたものより、枝豆や豆腐のほうがエコールは作用します。

アブラナ科の野菜にも予防効果があります。

具体的にはブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、小松菜、カブ、大根、ワサビなどです。

南米の強壮剤として有名なマカもそうです。

これらアブラナ科の植物には、「イソチオシアネート」という辛み成分が含まれていて、これが抗がん作用を持っているようです。

前立腺を保護してアンチエイジング

下半身のアンチエイジングに欠かせないのが、下半身の健康です。

そのためにも男の重要な器官である前立腺を守っていくことが重要です。

前立腺を保護することによって、下半身のアンチエイジングが進んでいくのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする